107B39

成人市中肺炎患者の入院適応の決定に有用な指標はどれか.3つ選べ

答え

1,4,5

解説

市中肺炎の治療方針を決定のために使わえる指標にA-DROPスコアがあります。

A-DROPスコアとは5つのチェック項目の頭文字をつなげたものです。

A-DROPシステム
A(Age):男性70歳以上、女性75歳以上
D(Dehydration):BUN 21mg/dl以上または脱水あり
R(Respiration):SpO2 90%以下(PaO2 60torr以下)
O(Orientation):意識障害あり
P(Pressure):血圧(収縮期)90mmHg以下

スコア0を軽症(外来治療)、1~2を中程度(外来または入院治療)、3を重症(入院治療)、4~5を超重症(ICU治療)として推奨される治療環境を簡便に判断できるようにしています。

A-DROPスコアについてはこちらでも解説しています。