「東洋医学」の記事一覧

血の概念とその生成、運搬、貯蔵

東洋医学

東洋医学でいう血は西洋医学でいう血液と血液によって運ばれる栄養分をあわせたような概念です。脈管の中を流れる赤い液体ととらえてもいいです。 血は人のからだを構成し、生命活動を維持するうえで基本となる物質であり、全身の組織や・・・

精が気・血・水をはたらかせる

東洋医学

気・血・水が正しくはたらくために必要なのが精です。 精は活動や成長など、すべての生命活動のエネルギーの源です。 精は人間が生きていくうえで必要な根本的なものです。 精は2つに分けられます。 先天の精と後天の精です。 先天・・・

気の異常には気虚、気滞、気逆などがある

東洋医学

気は全身に存在し、五臓六腑にもいきわたっています。 気の調子が悪くなると、からだの調子も悪くなります。 気の異常には次のようなものがあります。 気虚 気の量が足りない状態を気虚といいます。生み出される気が少なくなるか、使・・・

ページの先頭へ