Clostridium属 ?形成性の?性?性Gram?性?菌 

クリックして答えをみる
芽胞形成性の偏性嫌気性Gram陽性桿菌

芽胞形成→?消毒は無効 

クリックして答えをみる
アルコール

消毒には?が使われる 

クリックして答えをみる
次亜塩素酸ナトリウム

?後に発症することが多い 

クリックして答えをみる
抗菌薬投与

抗菌薬投与後、?以内(多くは?以内)に発症することが多い 

クリックして答えをみる
3か月 2週間

抗菌薬投与後に?を発症した場合に疑われる 

クリックして答えをみる
下痢、腹痛

代表的な原因薬剤 

クリックして答えをみる
セファロスポリン、クリンダマイシン

重症例との関連において近年注目されている薬剤 

クリックして答えをみる
ニューキノロン

診断時に最も頻用される検査で、迅速性の観点からも第一選択となる 

クリックして答えをみる
便中トキシン検査

便中トキシン検査 治療終了時の施行は推奨されない理由 

クリックして答えをみる
治療開始後もしばらく陽性が続くから

効果判定は何で行うか 

クリックして答えをみる
臨床症状の改善

?は有名だが必ずみられるわけではない→内視鏡検査は必須ではない 

クリックして答えをみる
偽膜性腸炎

劇症型で合併する場合がある病態 

クリックして答えをみる
中毒性巨大結腸症、腸管穿孔

中毒性巨大結腸症 救命のために?(*)が考慮されるが、?(*)をしても死亡率が高い 

クリックして答えをみる
手術

治療 

クリックして答えをみる
原因薬剤の中止、第一選択薬としてメトロニダゾール、重症例・再発例ではバンコマイシンの内服