?から?までの全消化管が罹患しうる 

クリックして答えをみる
口腔 肛門

?性の炎症性腸疾患 

クリックして答えをみる
非連続

罹患部位で多い場所 

クリックして答えをみる
小腸(特に回腸)および大腸

画像診断上の特徴所見 

クリックして答えをみる
縦走潰瘍、敷石像、狭窄、不整形~類円形潰瘍、アフタ

小腸型crohn病の粘膜病変の評価に有用な画像診断法 

クリックして答えをみる
カプセル内視鏡

カプセル内視鏡 狭窄があるとカプセル停滞をきたしうる→事前に?による消化管開通性の確認が必須 

クリックして答えをみる
パテンシーカプセル

バルーン内視鏡の挿入方法 

クリックして答えをみる
経口的、経肛門的

小腸病変は?にみられることが多い 

クリックして答えをみる
回腸

バルーン内視鏡では?的アプローチが優先される 

クリックして答えをみる
経肛門

全小腸をバルーン内視鏡で評価する場合のアプローチ 

クリックして答えをみる
経口的・経肛門的の両アプローチの併施行が必要なことが多い

  • MR enterography
    • 撮像前に1,000~2,000mLの?などの液体を内服し腸管を拡張させてから、MRIで腸管および腸管外病変の評価を行う 
      クリックして答えをみる
      ポリエチレングリコール
    • Crohn病の?に適している 
      クリックして答えをみる
      経過観察

CT enterography ?では禁忌 

クリックして答えをみる
イレウス状態

二十造影を行うためには、?を行う必要がある 

クリックして答えをみる
ゾンデ法

ゾンデ法 十二指腸ゾンデを挿入して?と?を注入する 

クリックして答えをみる
バリウム/空気